現在くっきぃず保育園(川越市認可保育園)では0~2歳のお子様を対象に保育を行っております。お子様が3歳からもくっきぃずでの生活を継続的に送ることができるよう、”3歳から5歳のための教育に力を入れた保育施設”を設置しています。それが「くっきぃずアカデメイアMOU(ムー)」です。

子どもたちの可能性

子どもたちには、どこに生まれても良いようにどんな言語の発音も聞き分けることができます。どんなところに生まれても良いように、暑さ寒さに順応する能力を持っているのです。

音楽の力

音楽は脳のどこで感じていると思いますか。それは、人間の生き死にに関係する、動物にもある古い脳です。音楽が人間にとって必要だからです。音楽には、「気分を変える」力もあります。音楽以外の芸術、例えば本を読んだり、絵を見たり、映画を見たり。それらの中で最も「気分を変える」ことができるのは音楽です。子どもたちが落ち着いて毎日を過ごしたり、楽しい気分で過ごすためにも必要です。そして、音楽をする(musicking)ことは、脳の働きを活性化させます。音楽を聴いているだけでも脳の中では、部分的に花火が上がったようになります。しかし、演奏をすると(上手である必要はありません)脳の至る所で花火が上がって花火大会のようです。

誰とでも仲良くしたい

自然な形で外国語(英語・フランス語)にも触れてもらっています。日本語を話すのは、日本だけです。様々な国の人びとと仲良くなってほしいですね。外国語の習得についての方法も子どもたちの発達に添って研究されています。

.

くっきぃずアカデメイアMOU(認可外保育施設)

くっきぃず保育園での2歳までの教育を基に最高の保育を

保育士だけでは網羅できない最高の保育を目指します。担当教師は保育以外の学位取得後、保育士資格を試験で取得しています。小さければ小さいほど専門の教育を受けた教師による教育が必要です。人間の成長にとって本物が大切なことは周知の事実です。

園長:大木修平 哲学科 教員免許 保育士

担任:齊藤健太 楽理科 教員免許 保育士

その他ボランティア多数:小学校教員、音楽家、書道家、大学生、医師、司書、イラストレーター、弁護士、フランス語翻訳・通訳、他

費用について:くっきぃずアカデメイアMOU保育料

保育理念

人生の様々なステージで自ら考え、選択し、行動し、生涯を通じて自分を向上させるための努力をし、幸せな人生を送ることのできる人を創ること。

運営方針:音楽に包まれながら生活します。「自分でできる」喜びを知ってもらうために職員はそれを見守り、それを手助けします。

一日の流れ

登園したらそれぞれの興味のあるお仕事をします。「受け渡し」、「お洗濯もの干し」、「分類」、「切る」、「貼る」などなど。 コロナ禍でなかったら社会資源(美術館や博物館や児童館など)を大いに活用して様々な経験をしてほしかった。でも、落胆はしません。今できる最善を!午後は、グランドピアノでピアノのレッスン、むーくらぶレッスン。帰園したらおいしいおやつ。お掃除。お仕事。現在は、土曜日には、畑仕事をしています。畑仕事をすることで、大変な思いをしている人がいて野菜が食べられることや、小さな種から芽が出て花が咲いて実がなることなど、たくさんのことを経験します。

会社情報

くっきぃずアカデメイアMOU(認可外保育施設)

運営:一般社団法人くっきぃず保育協会

代表理事 齊藤弥生

有)アトリエ・デ・くっきぃず取締役、くっきぃず音楽院院長、日本音楽療法学会正会員

.

電話:049-226-3796

メール:cookies.hoikukyokai@gmail.com

川越市元町2-6-1