くっきぃず保育園では、くっきぃず音楽院で10年前から主宰している「くっきぃず・むー・くらぶ」でのメソッドを採用しています。

  「くっきぃず・むー・くらぶ メソッド」は、モンテッソーリの考え方を基に、そこに音楽を介入させることにより、より効果的に子どもたちの持っている可能性を充分に引き出すためのメソッドです。
 そして、社会に適応することも大切なことと考え、「今は何をする時間」なのかを子どもたちと確認し合うこともこのメソッドの特徴です。子どもたちのお話を大人たちはよく聞きます。子どもたちも大人のお話をよく聞きます。スケジュールも毎朝みんなで共有する時間を持ちます。そうすることで、子どもたちは不安がなくなりどんどん落ち着いてきます。 落ち着くことで様々な手指を使った細かいお仕事での集中力、積み木や製作での想像力、音楽や絵本の読み聞かせなどでの感受性の豊かさが驚く程になって行きます。
 先日やった「移す」というレッスンでは、2時間近く集中してお仕事をしていた2歳児がいました。いろいろな経験をさせてあげる事も、このメソッドで大事にしている事です。毎日楽しい時間が流れていきます。